離婚問題のお悩みは専門家にご相談ください

協議離婚の進め方

 

夫婦で合意すれば成立させれる

 

 協議離婚では二人で話し合い合意により「離婚届」に必要事項を

 

 記入し市町村役場へ提出、受理されれば協議離婚成立です

 

 費用も時間もかからないこの協議離婚が基本的な離婚方法と言え

 

 ます

 

 離婚届けには2名の証人が必要ですが立ち会ってもらう必要はあり

 

 ません

 

 ■合意して決める事項は

 

 話し合いにより取り決めなければならない基本的な事項は以下と

 

 なります(更に状況により取り決め事項は変わります)

 

 ・ご夫婦に関すること

 

  ①財産分与(財産を夫婦で分ける)

 

  ②離婚慰謝料(ない場合もあります)

 

 ・お子さんに関すること

 

  ①子供の親権

 

  ②子供の養育費

 

  ③子供の面接交渉権

 

離婚協議書は

 

 具体的に話し合って決定したことを書面に残すのが離婚協議書

 

 です  決まった書式はありませんが合意書・契約書または

 

 覚書といった形で書面化します

 

 その書面に双方の署名捺印することが必要です

 

 さらに公証役場で「公正証書」として作成されると合意した内容が

 

 裁判所での判決と同じ効力がありますので慰謝料、養育費などの

 

 支払い義務を果たさない場合、強制執行で預貯金・不動産・

 

 給料などあらゆるものを差し押さえることが出来ます

 

 

   離婚協議書サンプル

  

 

 

離婚の種類と流れ

 

「もう離婚しかない」と離婚に向かって第一歩を踏み出す前に冷静に

 

なって客観的に自分のケースが「世間的」、「法律的」に相当か考えて

 

見ましょう

 

法律によって離婚原因と認められるのは『法定離婚原因』です

 

①不貞行為があった - 浮気、不倫など

 

②悪意で遺棄された - 出て行って生活費を入れない、家族をほ

 

            ったらかしにしている

 

③生死が3年以上不明 - 失踪などにより生死もわからない

 

④配偶者が回復の見込みのない精神病にかかった

 

⑤その他婚姻を継続しがたい重大な事由

 

        - 暴力、虐待、過度のギャンブル・飲酒など

 

一方、裁判上なかなか認められにくい離婚原因は

 

①性格の不一致 - 「なんとなく合わない」「以前ほど好きでは

      

           無くなった」

 

②非がある側(離婚の原因となる行為をした)からの離婚請求

 

 ただし、すでに別居が長期(最低5年以上)など条件によっては可

 

 

《離婚の流れ》

 

夫婦で協議  →  離婚合意 → ①協議離婚 → 離婚届提出

 

  ↓

 

合意しなかった

 

  ↓

 

調停申立

 

  ↓

 

家庭裁判所     調停委員との話合

離婚調停   →  離婚合意     → ③調停離婚

 

  

 

不調、不成立 → 裁判所の審判 → ③審判離婚

 

  

 

家庭裁判所への訴訟提起

 

  ↓

 

離婚訴訟

 

  ↓

 

離婚裁判  → 訴えられた側が受け入れる → ④認諾離婚

      

      →  裁判中に合意した  → ⑤和解離婚

 

  

 

裁判で離婚が認めれた  → ⑥判決離婚

 

 

 

 

 

 離婚後の親権と戸籍、氏

 

 

 

         

 

 

 

 

無料相談(電話・メール)

  

  まずはご相談ください

  ご相談頂いた内容をもとにご回答いたします

 

  ご相談受付(011)807-8938

 

    メールでのご依頼はこちら

 

 

   *ご希望があれば出張面談サービス中です

 

    お電話又はメールでお問い合わせください

 

 

 

 

 

 

 

            トップページへ

スポンサーリンク

あさひ行政書士法務会計事務所

〒007-0837

北海道札幌市清田区北野7条5丁目4-7

 

TEL:011-807-8983

(受付時間09~18時)

 

Email: sapporo@asahi-houmu.com

 

休業日

日曜、祝日

お急ぎの方はご相談ください

 

対象地域

北海道全域対応

 

その他 全国対応 

 

 

 

お気軽にご相談ください

お役立ちリンク