離婚問題のお悩みは専門家にご相談ください

離婚問題の相談ガイド

 

離婚問題のさまざまな問題、法律上の対応などはやはり専門家に

 

相談することが最善です

 

法律家のうち弁護士、司法書士、行政書士の内から現在の状況に

 

とって適切かの選択し、ご自分の相談内容にあった専門家を選び

 

ましょう

 

■ どんな場合に行政書士に依頼すればよいのか?

 

 ・離婚を進めるのにあたり法的観点からアドバイスが必要な時

 

 ・離婚協議の内容が妥当であるか確認してほしい

 

 ・離婚に際し細かい役所手続きを代行してほしい

 

 ・離婚協議書をきちんと作成し後のトラブルを避けたい場合

 

 ・離婚協議は出来ているが具体的な手続きがわからない場合

 

 ・離婚後のご自分やお子さんの戸籍手続きなどがわからない

 

 ・離婚後の年金や公的融資について知りたい

 

■ 行政書士に依頼するメリット

 

 ・比較的費用が安く気軽に相談できる

 

 ・細かい手続きを正確、迅速に対応してくれる

 

 ・後に争いにならないよう予防してくれる

 

 ・正確な法律的アドバイスを受けながら自分でも出来る

 

 ・慰謝料などの請求に内容証明作成できる

 

■ 行政書士に依頼するデメリット

 

 ・依頼人に代わって相手方と直接交渉を代理することができない

  (弁護士の業務となります)

 

 ・裁判になった場合に代理人となることが出来ない

 

スポンサーリンク

離婚の種類

 

離婚には4つ種類があり婚姻の解消には法律上の手続きが必要です

 

■1、協議離婚

 

   夫婦の話し合いによって決める離婚です お互いに離婚する

   

   という合意の下で市町村役場へ「離婚届け」を提出し受理され                 

   

   れば離婚が成立します

 

   但し、取り決めた事項はきちんと書面に残すことをお勧めし

 

   ます     

 

            離婚協議書サンプル

 

■2、調停離婚

 

   夫婦の話し合いで離婚が成立しない場合、家庭裁判所に離婚

   

   の調停を申し立て調停委員による(男女1名ずつ)調停を利用

 

   して離婚を成立させます

 

■3、審判離婚

 

   調停で合意に達せず離婚が成立しない場合に裁判所が離婚を

 

   相当だと判断するとき調停にかわる審判によって離婚を成立

 

   させるものです

 

■4、裁判離婚

 

   家庭裁判所で離婚の調停が成立しない場合に夫婦のどちらか

 

   が家庭裁判所に離婚の訴訟を起こし判決の確定によって離婚

 

   の成否が強制的に決まります

 

   ただし、判決に納得がいかない場合は高等裁判所→最高裁判   

 

   所と控訴、上告することができます

 

 

 離婚協議の進め方

 

 

 

 

 

      

無料相談(電話・メール)

  

  まずはご相談ください

  ご相談頂いた内容をもとにご回答いたします

 

  ご相談受付(011)807-8938

 

    メールでのご依頼はこちら

 

 

   *ご希望があれば出張面談サービス中です

 

    お電話又はメールでお問い合わせください

 

 

 

          

 

          トップページへ

   

 

   

スポンサーリンク

スポンサーリンク

あさひ行政書士法務会計事務所

〒007-0837

北海道札幌市清田区北野7条5丁目4-7

 

TEL:011-807-8983

(受付時間09~18時)

 

Email: sapporo@asahi-houmu.com

 

休業日

日曜、祝日

お急ぎの方はご相談ください

 

対象地域

北海道全域対応

 

その他 全国対応 

 

 

 

お気軽にご相談ください

お役立ちリンク