難しい相続の手続きは専門家にご相談ください

相続手続きの流れ

 

相続手続きの一般的な流れ

 

1、親族の死亡により相続発生

      ↓

2、通夜、葬儀

      ↓

3、遺言書有無の確認

 

       遺言書の種類の確認・・・公正証書遺言・自筆証書遺言・秘密証書遺言   

       有効性の確認・・・自筆証書遺言・秘密証書遺言には家裁に検認必要

                                 (家庭裁判所に遺言書が有効であるか確認を求めること)

                 

4、相続人の確認

               

  法律上相続人となるのは誰か

  相続欠格者、廃除者はないか

   ・相続欠格者ー故意に被相続人、先順位者などを死亡させた

          など不正な事由により相続権を失った者

   ・廃除者 -被相続人に虐待を加えるなどの行為により被相

         続人の請求または遺言により相続権を失った者

  婚姻外の子などはないか

   ・いわゆる隠し子なども相続人となる場合があります  

             

                

5、相続財産の把握と調査

 

  すべての財産の調査

   ・現金 ・預貯金 ・保険 ・土地建物 ・有価証券

 

      

6、遺産分割協議

 

  単純承認ー すべての財産を引き継ぐもので特別な手続はせず (通常の相続) 3ヶ月以内に限定承認、相続放棄をしない場合、

        単純承認したものとみなされます。

  

  限定承認ー プラスの財産の範囲内で債務を引き継ぐというも

        ので相続の開始を知ったとき(死亡を知ったと

        き)から原則3ヶ月以内に家庭裁判所に申し立てし

        なければなりません 

 

  相続放棄ー 財産を一切相続しないというもので限定承認と同

        様相続の開始を知ったとき(死亡を知ったと き)

        から原則3ヶ月以内に家庭裁判所に申し立てしな

        ければなりません 

 

*単純承認・相続放棄は相続人各人の意思で選択をすることができ

 ますが、限定承認は相続人全員の共同でしなければなりません   

 

  遺産分割協議書の作成ー

    相続の承認をした相続人内で財産の分与について内容を

    協議書として作成します。

    すべての相続人の署名・押印が必要です。

 

      

7、相続財産の分配

 

  ・遺産分割協議書にもとづき土地建物など不動産の名義を変更

  ・自動車など動産の名義変更

  ・現金、預金の分配

     

      ↓

8、納税申告

 

  ・相続税がかかる場合、納税申告が必要となります

    

   相続のあったことをしった日の翌日から10ヶ月以内に

   申告・納税しなければなりません

 

 

            

法定相続人

 

相続人となる人は基本的に配偶者、子、父母、祖父母、兄弟姉妹です 配偶者がある場合は、配偶者が常に相続人となりその他は相続の順位となります

 

また、相続順位により以下の相続割合となります

 

 第一順位 配偶者1/2 + 子1/2 ÷ 人数

 

 第二順位 配偶者2/3 + 父母(または祖父母)1/3

 

 第三順位 配偶者3/4 + 兄弟姉妹1/4

 

 

 

戸籍・住民票などの書類取得代行のみのご依頼も受け付けてます 

 

 

                

         

        メール相談無料受付中

 

 

          トップページへ

 

 

 

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

あさひ行政書士法務会計事務所

〒007-0837

北海道札幌市清田区北野7条5丁目4-7

 

TEL:011-807-8983

(受付時間09~18時)

 

Email: sapporo@asahi-houmu.com

 

休業日

日曜、祝日

お急ぎの方はご相談ください

 

対象地域

北海道全域対応

 

その他 全国対応 

 

 

 

お気軽にご相談ください

お役立ちリンク